リスケ交渉の方法は誰に相談する?
起業家向けコラム - 2012年04月19日

「融資返済」が困難になったら無理せず「リスケジュール」を考えましょう。

■チェックしておくポイント

リスケジュール(リスケ)とは=金融機関に借入条件の変更(減額・緩和)をすることです。 まだまだ我が社は大丈夫という甘い考えでは、突然融資事故(支払遅延)を引き起こし、全てを失ってしまうことになるかもしれません。

■必要書類

  • 今後の展望を示した事業計画書
  • 返済を猶予してもらう前後を比較した資金繰り表
  • 利益と照合した返済可能額の提示

■考慮すべきこと

  • どんな返済方法で申請を行うか?
    • 元本返済停止型
    • 元本返済減額型
    • 資金繰り円滑化借換保証など
  • 返済額はどこまで猶予してもらえるか?
  • リスケ申請の時期は?
  • リスケ対象期間は?

■交渉相手は?

最終決定は、取引先の責任者(支店長)が行いますが、まずは、担当者へ経営者自身が連絡をとるのがいいでしょう。

こちらの状況を踏まえた相手と一回目の交渉をします。ただし金融機関にとってもリスケは歓迎できることではありません。ですので、事前に税理士や会計士と計画を練っておくことがベストです。必ず「経営を立て直せる」という気持ちでのぞみましょう。

■「リスケ」に対する不安」or「会社存続の危機」

リスケには、もちろんそれなりにデメリットも発生します。

  • 会社の格付けがさがり、今後さらなる融資を受けにくくなる
  • リストラや規模縮小・資産処分など自社の企業努力を問われる
  • 経営陣の意識改革が必要になる

一時期の苦しさを乗り越える策を考え、未来を見つめましょう。多くの会社が、リスケジュールを行ったことによって危機を脱しています。会社が倒産という最悪の事態を避けるために、考えられる回避策をとるのは経営者として当然のことです。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む