既に融資がある場合の返済計画
起業家向けコラム - 2012年04月19日

あなたの会社は損益計算と現金収支が一致していますか?

■チェックしておくポイント

開業後、順調なように感じても、なぜか資金が足りないということも、あるんです。その都度、借りては返すを繰り返していては、いつか「黒字破たん」します。

  • 売掛金の回収をきちんとしましょう。
  • キャッシュフローを理解しましょう。

■既存融資の返済計画

借入先ごとに毎月のデータを整理・集計しておきます。さらに、有利な融資条件のものがあれば、借り換えを検討しましょう。資金繰りをきちんと行い無駄な支出を抑え、お金を増やして借入金を返済します。

■さらに融資を受けたいとき

例えば「新規融資の1年間の返済額+既存長期融資の1年間の返済額」の合計が税引後利益+減価償却費を下回ると、新たな審査が通りやすくなると言われています。

今後は会社の規模・状況を常に把握するためにも3か月・6か月・1年などの「資金繰り表(返済計画)」を作成しておきましょう。

これを作成しておけば、自分で会社の状態を知ることができ、金融機関からは信頼をえることができます。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む