複数の融資(追加融資)を受ける際の注意事項
起業家向けコラム - 2012年04月19日

開業して間もない頃は追加で融資を受けたいという場合が少なくありません

■チェックしておくポイント

もっとも多いパターンは現在の融資先に追加依頼をするということでしょう。黒字経営で債務超過ではない企業場合は、追加融資も認められやすくなっています。では、追加融資が厳しくなるのは、どんな場合でしょうか?

■追加融資が難しくなる条件

  • 既存の返済条件を変更した場合
  • 既存の融資額が担保額いっぱいだった場合
  • 事業自体が赤字・債務超過

とはいえ、節税対策のために、赤字決算をしている会社も多いはず。そんなときは

  • 残念ながら、前期は赤字であったが、それは特殊な事情であること
  • 今後はきちんと利益が出てくること

以上の2点について、金融機関に対し丁寧に説明する必要があります。

また普段から担当金融機関とコミュニケーションをとっていると、話がしやすい場合もあります。

尚、債務超過(負債額が資産額を上回り資本の部がマイナスに転じている状況)に陥っている場合は、かなり融資が難しいので「増資」等の措置も検討しなければいけないかもしれません。

また、「創業前」「創業直後」と異なり、既に1期以上経過している場合は「自己資金」については、あまり重視されません。

■複数の融資(追加融資)を受ける際の注意事項のここがポイント

会社の信用格付けが下がっている場合は、追加融資は難しいと言えるでしょう。
またむやみに借入れ先を増やしてしまうと、気が付いたら返済しているのは、利子だけだったということにもなりかねません。
借金を重ねる前に、経費を削減するなど会社として何か取組めることがないか検討してみるのも一つの手です。 

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む