返済に当てる為の事業計画はどう作成すればいいか
資金調達・資金繰りコラム - 2012年04月19日

■チェックしておくポイント

金融機関から融資を受ける(受けた)場合、自社の事業計画はそのまま返済計画につながります。

事業の目的と共に資金のビジョンもしっかり盛り込んだ事業計画をたてましょう。

■事業計画とは?

将来的に事業をどのように展開していくか、そのビジョンを盛り込んだ計画書です。

具体的な事業内容のほか、関わる市場のリサーチなども必要になります。また資金計画や収支計画も合わせて必要です。

■返済にあてるための事業計画とは?

借入金がある場合、あるいは融資を受けようとする場合の事業計画は、返済の見込みがあることを、金融機関側にアピールできる書類でなければ意味がありません。

しかしながら、自社で得た利益のすべてを 返済にあてることは不可能。税金や従業員の給与も支払わなければなりません。損益計算書の項目中に、返済額と利子の欄を作り、無理のない返済計画をたてましょう。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む