タイミングは?準備は?賢いリスケで健全な経営を
資金調達・資金繰りコラム - 2012年04月19日

リスケには、賢い交渉術で!

■チェックしておくポイント

やみくもなリスケ要求は、金融機関の信用を落とすだけ。

その後の資金調達計画や、タイミングなど、よりベストな条件で賢く交渉しましょう。

■リスケジュール(リスケ)とは?

返済が困難になった場合、借入れをしている金融機関に対して、借入れ条件の変更(=借金の減額)を申し出ることです。

リスケは、単なる借金の棒引きではなく立派な商行為中の条件変更です。

■リスケを検討すべきタイミング

このような場合にはリスケを検討すべきです。

  • 業況が急激に悪化した場合
  • 業況の緩やかな下降が止まらない場合
  • 返済可能額の10倍以上の返済がある場合

■リスケに必要な準備

  • 事業計画書の作成

    リスケ後に業況が回復すると思われるような事業計画書を作成しましょう。 これがないと、リスケしても意味がないと金融機関側に思われてしまいます。

  • 資金繰り表の作成

    リスケ前とリスケ後、どう変わるのかを示します。 返済可能額を把握する これならば返していけるという根拠がなければ、事業計画や資金繰り表を作っても 無意味になりかねません。 減価償却費+当期利益内に年間の返済可能額がおさまるようにしましょう。

■リスケ申請と同時にやるべきこと

  • 資産の処分
  • 経費の削減
  • 売掛金の回収強化
  • 支払い条件の見直し

■リスケを検討している方へ

リスケをしたら、2度と借り入れができなくなるのでは?と誤解している方も多いようですが、そんなことはありません。

低利の銀行へ返済するために、高利の金融機関からお金を借りることの方がよっぽど危険です。ひとまずリスケを申請し、健全な資金繰りを考えましょう。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む